細川優衣 私のこと・・おヘンタイだと思いますか・・?


都内のレンタカー会社の受付事務のお仕事で忙しい『ゆい』さんと会社の近くのパスタカフェでお会いしました。明るくにこやかにお話しする笑顔から溢れる白い歯が印象的です。「わたし…性の目覚めは…小さい時に両親の行為を見てしまって…こうゆうことがあることは早くから知っていました」「でもそんなことは誰にも言ってはいけないと…思っていました…」おしとやかなまま成長した『ゆい』さん…「私…入学して1年が過ぎた○○2年生の夏にそれはそれは…とても恥ずかしいのですが…衝撃的なことを体験したんです…」それからは毎日がセックスのことで頭がいっぱいで…いつもそのことばかりを考えていました…」でも…両親の行為を見てからこうゆうことは恥ずかしいことだと思っていたので…自分から積極的に行動はできませんでした…」「だから…男の人と知り合う方法がもっとあれば…私…誰とでも…抱き合えるのにって…思ってるんです…」『で…私をおヘンタイだと思いますか…?』

タイトルとURLをコピーしました