性交専用。【みや】


本来は恥ずかしがり屋の〈みや〉だが、飼育下に置かれることで羞恥快楽に目覚めてしまった。密室で行われるべき排尿までも視姦された結果、嫌悪しているのに晒さざるを得ないマゾ心が開花していく。主の命令に従い、ホテルにやってきた〈みや〉。脱いだワンピースの下から現れたのは、拘束具を纏った肢体。ここまで来る間に興奮し切ったのか、股間は既に大洪水。そのまま野外オナニーを強制させられる(みや)。電マの刺激に耐え切れず、人目も気にせず大絶頂。ホテルの室内。〈みや〉はネコ耳を着けられて、ペットとして可愛がられる。しかし、乳首に付いたクリップとアナルに挿入させらた尻尾プラグで、既に絶頂寸前。体を震わせる度に、いじらしく鈴が鳴り響き、マゾ心をくすぐられる〈みや〉。電マでイカされると、すっかりペットモードに。足ナメご奉仕、アナルスパンキングで、さらに深いマゾ絶頂に達してしまう。全身が性感帯のように敏感になった〈みや〉は、抱かれるだけで何度もイってしまう発情ネコに。両手を拘束された〈みや〉。発情マンコにディルドを挿入されたまま、主のイラマ調教を受ける。上下の口を犯され、〈みや〉は涎を垂らしながらもイラマ絶頂。「オチンポしゃぶらせてください!」と懇願するまでに。アナルとマンコ両穴にバイブを入れられ、フェラご奉仕する〈みや〉。チンポの臭いにすっかり発情モードになった〈みや〉に、ご褒美の肉棒挿入。入れられただけで即イキ状態で、何度も絶頂しまくる。飼い馴らされた性交専用ペットの痴態、是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました