わたしを奴隷にしてください 田中美矢


田中美矢さんを起用して緊縛グラビア撮影を行った際に、編集部は彼女の深いMの感受性に感嘆していました。そんな彼女から、「縄に縛られて責められながら、恥ずかしくてたまらなかったのに…幸せでした。もっと深い被虐の世界に触れてみたいんです」という切実な申し出がありました。そこで彼女の被虐の願望をより深く探求する場を用意しました。撮影当日は目の前に並べられた責め道具を見ているだけで、彼女は表情を潤ませました。首輪をかけられただけで、瞳が滲み、身体を震わせます。首輪をしている間は服従することを条件に、調教が始まります。執拗な言葉責め、恥辱のポース、鼻フック、洗濯ばさみ、鞭打ち、アナル嬲り、仏壇ロウソク責め、失禁…彼女のマゾ性が美しく淫ら開花する姿が克明に記録された作品です。

タイトルとURLをコピーしました