半裸体期の絞れる穴


穴に狂った若い男は、今日また日の終わりに快楽を求め、待機している。そしてやって来た今宵の相手。目隠しの状態で愛撫され高まり続けた感度は、刺激のたびに精液を噴出させる。今宵は何度吹くのだろうか。絞れる穴の疼きは止まらない。

タイトルとURLをコピーしました